化粧品は乾燥肌の救世主となる|ランキングの確認がキーポイント

女性

肌質を改善するには

目元を触る婦人

人気の加工された成分

最近化粧品でビタミンc誘導体という成分が表示されているものが多くなってきました。ビタミンcが肌に効果のあることはよく知られていますが、ビタミンc誘導体とはどんな働きをするのでしょうか。これについて詳しく調べてみました。ビタミンcは肌の活性化を促しシミやシワを防ぐ効果があります。またきめ細かな肌にするほか美白作用もあります。しかし皮膚にビタミンcを直接塗っても成分はほとんど浸透せずに肌表面で壊れてしまいます。これを加工して肌に浸透させやすくした成分がビタミンc誘導体なのです。これは肌の奥に浸透してそこで分解して様々な美容効果を発揮します。さらに細胞にある特殊な酵素と結合して新たにビタミンcを作り出します。

ニキビにも効果がある

ビタミンc誘導体は水溶性、油溶性と両方の特性を持つ成分とに分けられます。水溶性は最も肌に吸収されやすい成分で化粧水などに使われています。これは化粧水だけでなくその後に使う美容液や乳液などの成分も肌に浸透させやすくする働きもします。また油溶性のビタミンc誘導体は主にクリームなどに配合されます。ビタミンc誘導体の化粧品は皮脂のコントロールをする効果もあります。そのため肌の弱い人が使うと皮脂量が減って乾燥肌になってしまうことがあります。使う前には自分の肌質をよく知っておくことが大切です。この頃は皮脂の分泌を抑える効果があることからニキビ肌の予防や改善にビタミンc誘導体の化粧水が利用されることが多くなっています。